魔女まじょ日記

11月 22 2017

渋川図書館講演会

75台風が近づく中いっIMG_0348ぱいに集まってくれてありがとうございました! とってもすてきなことに図書館員さんたちが魔女の格好をしてくれました。司会者も魔女ならサイン会のお手伝いをしてくださった方々もまじょでみんな黒い遺書のいろんなまじょになってました。さすがハロウィン!サイン会にもいっぱいきてくれて一人で何冊も買ってくれた子もいました。いっぱい読んでね!

IMG_0338IMG_0345IMG_0324

 


10月 13 2017

まじょ子ティッシュ 

P1010259

ポプラ社70周年を記念してまじょ子ティッシュができました。


9月 30 2017

みよし読書講演会

みよし市の講演会には100人以上がきてくれました。ありがとうございました。

みんなに会えて嬉しかったです! 

サイン会も長い行列でありがとうございました!

130人くらい申し込んでくれたみたいですが、運動会が雨で23日から24日に延期になってこられなかった子もいました。

ひまわりTVで講演の最初の部分が紹介されています。

雰囲気を感じてくださいね。

中盤から後半になるとどんどんまほうのマジックもすごくなるので、実際のイベントに来る子はお楽しみに!


9月 28 2017

渋川図書館講演会

IMG_20170918_0001

tenji10月29日に講演する渋川図書館のチラシと展示風景です。


9月 18 2017

みよし市教育委員会

IMG_20170918_0003 IMG_20170918_0004 IMG_20170918_00058月7日、みよし市教育委員会に行き、教育長さんにみよし市の全小学校へまじょ子の本を1冊と環境の絵本「モットしゃちょうとモリバーバのもり」を寄付しました。

その新聞記事です。

写真左が教育長さんです。

その日はフレンチで納涼の会でしたが、その翌日行ったうなぎやさんはみよし市長さんの奥さんのいとこさんでした。

 

 

 


9月 18 2017

みよし市講演会

IMG_20170809_0001

今度の日曜日

まほうもいっぱい!

クイズもいっぱい!

まじょ子にも なれるよ!


7月 07 2017

まじょのナニーさん2

 

2nanny「まじょのナニーさん2 にじのむこうへおつれします」が7月7日七夕配本になりました。それにちなんでナニーさん打ち上げ会をしました。向かって右が画家のはっとりさん、左がブックデザイナーの山崎さん。写真をとってくれたのは編集者の松本さんと仲地さん。デザートのお皿には「祝 まじょのナニーさん②」って書いてあります。

 


6月 16 2017

「あなたのとなりの不思議」シリーズ

Printこのシリーズも日本児童文学者協会の出版企画部長として企画から携わり、公募したので、その選考委員や編集委員もしたアンソロジーです。

フシギ案内人の執事のフッシーが導くインパクトいっぱいのこわくてふしぎな短編集です。

十分程度で読めるような短いけれどゾクゾクワクワクするお話が一巻に十話づつ入っているこわくて面白いシリーズです。

この本には楽しい仕掛けもいっぱいあります。ページの上にはパラパラ漫画が付いています。

その上、表紙はキラキラだし、裏表紙には四コマ漫画のおまけつき。いろんな楽しさを体感できるのです。

依頼と公募の両方からなるシリーズですが、五百十三編の応募原稿から選んだ公募作品もとてもユニークな発想のものです

このシリーズと偕成社の「古典から生まれた新しい物語」シリーズの編集が重なって大忙しでした。

 先週は刈谷の森三郎童話賞の選考委員会、もうすぐ文渓堂の「こわいこわい百物語」シリーズの選考委員会です。


6月 16 2017

「古典から生まれた新しい物語」シリーズ

koten企画から編集委員をしてたこのシリーズが5巻出揃いました。「古典から生まれた新しい物語」シリーズとは、シェイクスピアの『ロミオとジュリエット』がミュージカル『ウエストサイド・ストーリー』になったように、古典モチーフにして、現代の物語を新たに書き直すというシリーズです。

私の大好きなワーグナーのオペラやシェイクスピアの芝居ではよく時代背景を現代におきかえて上演されますが、そんな感じの新しい試みです。

私はシェイクスピアを原典にしましたが、古事記やギリシャ神話、とりかえばや物語など原典は古今東西の有名なお話でバラエティに富んでいます。

このお話を読んで、子供たちが原典にも興味をもってほしいという試みなのです。

その上、とても魅力的なことに、児童文学作家だけでなく、芥川賞作家まで書いているので、読み応えのあるステキなシリーズです。


4月 11 2017

まじょ子の評論

P1010234 (2)「まじょ子」の評論をかいてくださった濱崎さんと「まじょ子」の主人公名やグッズなどいろいろ資料をいつもまとめてくださる我妻さんが東京の事務所に来てくれました。

 我妻さんの資料は編集者もいつもとても頼りにしてるのです。


ページトップへ